• HOME
  • 音楽・将棋
  • 竜王戦第5局感想~羽生竜王通算獲得タイトル100期に『詰めろ』~

音楽・将棋 | 竜王戦第5局感想~羽生竜王通算獲得タイトル100期に『詰めろ』~

POST:2018.12.05

第31期竜王戦第5局終了しました。
これで対戦成績は羽生竜王の3勝。
広瀬八段の2勝となりました。

この結果羽生竜王、獲得タイトル通算100期に詰めろとなりました!!
ちなみに詰めろって何??って思ったそこのあなた!
まあ「王手」という意味です笑

第5局は、矢倉模様の出だしから力戦に。
中盤の49手目27角から羽生竜王のペースだったでしょうか?

途中97手目の71金あたりで3局目・4局目が頭をよぎったのはきっと管理人だけではないはず。。
最後は22飛車から王手角取りで自玉を安全にしつつ、盤石な指し回しだったかなと!!

まあ、今回の対局でよくわかったのは角換わりだろうが矢倉だろうがトップ棋士の対局は素人にはよくわからないということですね。

羽生竜王、仮にタイトル100期を達成すれば、前人未到どころか誰もたどり着けない領域でしょうね。
しかし、広瀬八段も黙ってそんな記録を達成させたくはないでしょう!

今局も139手という長い戦い。
広瀬八段の粘り強さも光っています。

第6局、昨年永世七冠を達成した鹿児島の地で再び偉業達成なるか!?
広瀬八段が粘って最終局へ望みを繋ぐか!?

将棋ファンとして見届けましょう。

この記事のタグ

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

New|最新記事

Ranking|人気記事

Category

Tag

ページトップへ戻る