Analytics | ユーザーとセッション

POST:2018.07.12

セッションからユーザーへ

2018年7月現在、Google Analyticsは「ユーザー」をベースとなる指標としています。
ほんの半年ほど前まではベースとなる指標は「セッション」でした。

おさらいですが、

・ユーザー:サイトに訪問してくれた人の数
・セッション:サイトに訪問された回数

となります。

ベース指標の変更は個人的にはなかなか衝撃的でした。
セッションベースで何か不都合があったんですかねえ・・・

ユーザー1人あたりのセッション数が見れる!

で、ユーザーをベース指標とするようになってからユーザーサマリーの画面で
「ユーザーあたりのセッション数」という指標が確認できるようになりました。

これは何かと言いますと

「ユーザー1人あたりのセッション数」となります。

この数が1.0なら、1ユーザーが1セッションずつしているサイトということになります。
(なお、理論上1を割ることはないと思います)

この数が多くなればなるほど、1ユーザーあたりのセッション回数が多いということになりますね!

同じお客様が複数回来店してくれている、ということですからリピーターが多いか否かの目安にはなりそうです。

ところがどっこい、現時点では管理人にはこの数値の使い道がイマイチわからず・・・

どなたか詳しい方、教えて下さい!笑

というわけで、ユーザーとセッションは何となくご理解いただけましたでしょうか?
次回はページビュー数(アクセス数)についてです!

この記事のタグ

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

New|最新記事

Ranking|人気記事

Category

Tag

ページトップへ戻る