音楽・将棋 | 名人戦 第3局 感想 〜天使の跳躍〜

POST:2018.05.12

第76期名人戦第3局は先手の羽生竜王の勝ちとなりました。

戦型は第2局に続いて角換わり。
途中まで第2局の進行をなぞるという異例の展開。

非常に実力が拮抗している2人だからか、中盤まで形勢が大きく傾くこともなく、
持ち時間の使い方も同じくらい。
まさに名人戦と呼ぶにふさわしい対局が続いています。

今回、角換わりの最新型とも言える対局が2局、しかも似たような手順でしたが
どちらも後手番の負け。

名人と竜王がチャレンジして後手が負けるということは、この展開は後手に分が悪いということなのでしょうか。

中盤、互いが位を取り合っていた場面は緊迫感がありました。

最後の方は、羽生竜王の桂馬が大きく活躍する展開に!
最近の将棋は桂馬をどう使うか、が大きな鍵になっているような気がします。

まさか89で眠っていた桂馬が最後は詰みに役立つとは・・・
いやはや将棋とは奥が深いものです。

さて、仕切り直しとなる第4局は福岡!
佐藤名人にとっては地元で、しかも先手番。
負けられない対局でしょう!

今後も熱戦を楽しみにしております!

この記事のタグ

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

New|最新記事

Ranking|人気記事

Category

Tag

ページトップへ戻る