• HOME
  • コラム
  • やり始めたら「やる気」が出てくる!〜作業興奮とは〜

コラム | やり始めたら「やる気」が出てくる!〜作業興奮とは〜

POST:2018.09.26

目下絶賛モチベーション低下中の管理人です。
ブログを書く気も起きず、読書をする気もなく。
当然、仕事に身が入るわけでもなく・・・笑
連休ボケかなと思いつつ、もっと根が深い問題も内包しているような・・・

しかしです!

やる気が出ない時に効果的な、しかも簡単な方法があるんです!!

すごく簡単。

とりあえずやり始めるんです!!

作業興奮という作用


あーブログ書く気が起きないな〜

というときでも、PCの前に座れば案外スラスラ書けたり。

あー部屋の掃除したくないな〜

というときでも、とりあえず散らかったものを整理し始めたら一気に掃除してしまったり。

似たような経験は誰にでもあるんじゃないかと思います。
調べてみると、これは「作業興奮」という作用が働いているそうです。
ざっくり説明すると、脳の「やる気」を司る器官(側坐核)はある程度刺激を与えないといけないそうで、側坐核を上手く動かすためには「まずは行動」してみた方がいいそうです。

なるほどね〜

という訳で、ようやく重い腰を上げてみるわけです。
結果として、仕事も進むしブログも書ける!
ということはやはり一定以上の効果はありそうですね。

まとめ

とは言え、この「作業興奮」という言葉は「いつ誰が提唱した」のかは定かではないようです。
クレペリンという人が提唱したという説が有力ですが、はっきりとした出典がなく、案外眉唾ものかも知れないという危険性も。

とは言え、単なる経験則からも有効そうな気はしますので、「やる気出ないな〜」という時はひとまず行動に移してみることにします。

なお、とりかかりの部分や簡単な作業から始めるのがオススメです。
やる気出す前に挫折したら無意味ですからね!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

New|最新記事

Ranking|人気記事

Category

Tag

ページトップへ戻る