音楽・将棋 | 竜王戦 第1局感想〜羽生竜王、先勝す〜

POST:2018.10.12

いやー・・・見てる方が疲れた・・・!!

第31期竜王戦は第1局が終了しました。 141手12成桂までで広瀬八段が投了。

両者力のこもった、まさに熱戦だったと思います。

序盤の進行は角換わりの最新形。 中盤、羽生竜王から積極的に攻めていきます。 細い攻めを上手く繋いだ中盤戦が終わり、広瀬八段の逆襲!!

もはや素人には形勢不明のまま終盤戦。 31飛車打ちと羽生竜王の龍を捕獲して広瀬八段が優位に立ったかと思ったとき、24桂馬の強手炸裂!!

こういう訳のわからない手が「羽生マジック」と言うのでしょうか・・・? 結果その桂馬が活躍するのですから、将棋とはよくわからないものですね・・・

詰むや詰まざるやの終盤戦を制したのは羽生竜王。 通算タイトル100期に向けて好発進です。

一方敗れたとは言え、その強さをまざまざと見せた広瀬八段。 次局は先手番となりますので、勝ちを拾いたいところ。

第2局は10月23日(火)、午前9時からです!

再度の熱戦を期待しましょう!!!

でも見てて疲れる。。。笑

この記事のタグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

New|最新記事

Ranking|人気記事

Category

Tag

ページトップへ戻る