• HOME
  • コラム
  • 少し早いけど2019年を振り返ってみる

コラム | 少し早いけど2019年を振り返ってみる

POST:2019.12.20

気がつけばあっという間に年の瀬。
何だか実感がわかない管理人です。

思い返せば今年も色々ありましたね。
元号が「平成」から「令和」に変わりました。

とは言え、元号が変わったからといって人間の中身はそうそう変わるものではありません。

あとは、消費税が増税されましたね。
しばらくは消費も落ち込んで経済は停滞傾向になるでしょうか。
それが自然な反応というものです。

あとは・・・なんか大きなトピックってありましたっけ??

実は、あるのです。

会社作っちゃいました!

2009年から「起業して~な~」と思っていたので10年越しの目標達成です。
知っている方は知ってるかもしれませんが、「合同会社キャリアフルコース」という会社です。
https://c-full.jp/

主な事業内容は
・退職代行
・転職支援
・起業家輩出のためのセミナー
・採用代行(RPO)
・人事コンサルティング
・業務マニュアル作成
・ウェブサイトの制作
・名刺、パンフレットなどの制作
・その他業務委託全般

などなど。

従業員が働きやすい環境を企業と一緒に創出していこう。
その上で個人のキャリア形成をお手伝いしていこうという会社です。

壮大な目標として、『日本からブラック企業をなくす』というものがあります。

うん。なかなか世間には浸透しないんですけどね。

とにかく、四苦八苦しながらやってます。
儲け方とかよくわかんないけど、何とかかんとか・・・

ブラック企業ってなんではびこってるんだろう?

当サイトでもさんざん色々言ってますし、会社のコラムとかでもよく書いていますが・・・

なんでブラック企業ってなくならないんでしょうね??
マクロな視点から見れば、日本社会の成長と生産性が低下していて厳しい競争環境にさらされた企業は「従業員に無理をさせることでしか存続できない」ということになるでしょうか。

でも、生産性を上げるためならブラック化するのって悪手なんですよね。
百害あって一利なし。

従業員が活躍しやすい環境を構築して、ノビノビ働いてもらった方が絶対いい。
事実そうやって成長している企業は山ほどあります。

となると、競争環境だけが要因ではない。

ミクロな視点で見ると、「経営者の思考が旧来型のマネジメントのまま止まっている」ということになりそうです。
従業員を「管理する」という観点で経営をしている企業が多いこと多いこと。

来年4月からは否が応でも「働き方改革」に対応しなければいけません。
官僚主導の「働き方改革」にどこまで効果があるかは興味深いところではありますが・・・
とにかく、経営者はお国に従うのみです。

しかし、やらされ仕事が面白くないのと同様に、国が言ってるから「働き方改革」に対応するのでは経営者も面白くないでしょう。
売上を上げて生産性が向上するから積極的に「働き方改革」していくというのが本来望ましい姿勢なんでしょうけどね。

でも、これまで管理(というか監視)してようやく売上を維持していた企業はいくらこう言っても信じてくれません。
でもね、従業員が働きやすい環境にした方が結果的に売上は上がります。

詳しく知りたい方はお問合せください。
https://c-full.jp/contact/

「働き方改革」元年に向けて

そんなわけで来年は「働き方改革」元年となります。
厳密に言えば大企業は今年から対応してますけどね。

日本の企業の90%以上は中小企業です。だから、日本を本当に変えていくなら中小企業から変えなきゃなんです。
いや、変わらなきゃいけない。

自分の、そして自分の会社の使命として「ブラック企業」を変えていきたいと思います。

「ブラック企業なんて倒産してしまえばいいんだ!」というのは短絡的で、そこで働いている人たちの生活とかも考えたら安易に倒産しろとは言えないんですよね。
それよりも、いい会社に生まれ変わってしっかりと社会に根付いてもらう方がよっぽどいい。

そういう感じで来年はキャリアフルコースの活動もより積極的にしていきたいな、と。
それまで会社が存続しているかどうかはよくわかりませんけどね笑

まあ、少なからずお問合せもいただいていますので、もっともっと会社をよくしていきたいという経営者の皆さんはぜひご利用くださいませ。

しかし、会社が変わるのには多少の時間を要します。
我慢できない!という従業者の皆さまは、退職代行の利用も検討されてみてください。

終わりに

何だか色々書いた割りにとりとめもない文章になってしまいましたね・・・
個人としても会社としても来年は飛躍の年にしていきたいところです。

人間も会社も変化するのに必要なのは「ちょっとしたきっかけ」です。
そのきっかけを与えられるような会社になれば、社会的にも意味がある会社なのかなと。

何はともあれ、来年も当サイト及びキャリアフルコースをよろしくお願いいたします。

この記事のタグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

New|最新記事

Ranking|人気記事

Category

Tag

ページトップへ戻る