ビジネス | ブラック企業大賞2019決定!

POST:2019.12.27

先日ノミネートされた企業を紹介しました。
https://createmyself.site/2373/

その後Webでの投票などを経て、今年のブラック企業大賞企業が決定しました。

ブラック企業大賞2019は・・・?

今年のブラック企業大賞に選出されたのは・・・

三菱電機株式会社(メルコセミコンダクタエンジニアリング株式会社)!!!

しかも貫禄の2年連続で大賞に選出!!

いやはや・・・
こんなことで名前を表に出すとか恥ですよ。恥。

しかも2年連続って・・・
昨年の選出を全く反省していなかったのかと・・・

いや、確かに企業を変革するには時間がかかります。
パワハラや過労死のように表出した現象だけを見て対策を打っても無意味だからです。
企業が「ブラック化」するのは、社風もとい文化的な背景が大きく経営陣以下が本気で改革をしなければ変わらない。

求められるのは「改善」ではなく「改革」なんです。既存の価値観をガラッと変えられるような施策を次々に打っていかなければ変わりません。

その上で時間が必要。

恐らくですが、三菱については「改革」する気なんてないのでしょう。
2年連続大賞というのは正直信じられない・・・
本当に真摯に受け止めて「改革」に取り組んで欲しいと思います。

また、Web投票の結果については以下の通りです。

1.楽天株式会社 10303票
2.三菱電機株式会社(メルコセミコンダクタエンジニアリング株式会社)7507票
3.株式会社セブン‐イレブン・ジャパン 919票
4.長崎市 439票
5.吉本興業株式会社 327票
6.株式会社電通 297票
7.KDDI株式会社 274票
8.トヨタ自動車株式会社 101票
9.株式会社ロピア 66票

これらの結果を受け、大賞以外にも
【特別賞】
株式会社電通
株式会社セブンーイレブン・ジャパン社

【#MeToo賞】
長崎市

【ウェブ投票賞】
楽天株式会社

と決定しています。

詳細はブラック企業大賞のHPにてご確認ください。
http://blackcorpaward.blogspot.com/2019/12/82019_23.html

なんかもう絶句・・・

と、ここまで結果を見てグダグダ言いましたが・・・

本当に重要なのは、ここからです。
三菱については来年もノミネートされたら企業としての価値がなくなるというくらいの危機感を持って欲しい。
その他の企業、自治体なども本腰を入れて変えていかなければいけません。

大企業や有名企業の実態というのも紐解いてしまえばこんなもんです。
恐らく経営トップすら気づかぬうちにブラック化してしまっているという状況もあるでしょう。
だからこそ、こういった機会をしっかりと現状把握と改革の礎として欲しい。

また、こういった企業はネームバリューがある裏返しでノミネートされたという側面もあります。
地方の中小企業の実態はより苛烈です。
日本から「ブラック企業」という存在が消失するまでには非常に大きな時間と労力が必要でしょう。

ちょっとした考え方や価値観を変えていくことで、少しずつ状況は進展するはずです。
諦めずに取り組んで欲しい。

しかし・・・なかなか言葉が出てこないものです・・・

来年のノミネート企業は「ゼロ」を目標にして欲しい

今回ノミネートされた企業はもちろん、全企業が本気で改革に着手すればノミネートされる企業は存在しないはずです。
くしくも、来年4月からは「働き方改革」が中小企業にも対象となります。

日本全体でしっかり取り組んでいかなければいけない大きな課題が眼前に横たわっています。
ブラック企業に勤めていることで従業員は損をします。
従業員が損をしているような企業も損をしています。

そのことに早急に気づけない限り、「お上」がどれだけ声を上げても働き方改革は砂上の楼閣となってしまいます。
売上を伸ばしたい。企業価値を上げたい。であれば、「働き方改革」は率先して取り組むべきなのです。

ぜひ、来年はノミネート企業「ゼロ」でお願いします。
みんなが少しずつ消耗していくだけの社会になってはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

New|最新記事

Ranking|人気記事

Category

Tag

ページトップへ戻る