• HOME
  • Analytics
  • 嫌われスパムの一生~リファラースパムをやっつけろ!~

Analytics | 嫌われスパムの一生~リファラースパムをやっつけろ!~

POST:2018.09.01

Google Analyticsをお楽しみのあなた!
スパム対策していますか!?

スパムと言っても、アメリカ人が大好きなお肉の缶詰の話ではありません。
Google Analyticsの解析データを邪魔する厄介者「リファラースパム」のお話です。

リファラースパムとは?

リファラースパム(またはリファラスパム)とは、
あなたのサイトにやってきて、すぐに帰っていくロボットプログラムです!
リファラースパムというくらいなので、「参照元/メディア」の「メディア」は『referral』になっています。
ロボットが自動巡回して、あなたのサイトに遊びに来てしまいます。

え?なんでそれが厄介者なの??
と思ったそこのあなた!
リファラースパムは放置しておくとこんな事態になります。

1 データ解析の正確性が損なわれる
2 間違ってリンクを踏んでしまったら大変なことになる

と言われてもイマイチわかんないよ!ということもあるでしょう。
かいつまんで説明します。

データ解析の正確性が損なわれる

リファラースパムの大きな特徴の一つに、直帰するというものがあります。
だいたいトップページに流入して、すぐに帰っていきます。
しかも、それが何件も!!
場合によっては何百件、何千件と直帰するだけのアクセスを繰り返します。
そのため、セッション数は無駄に上昇!
ページ/セッションは減少!!
直帰率は上昇!!!

という感じで、まったくありがたくない結果の原因になります。
言わば、データ解析の「ノイズ」になってしまうんですね。
本当に必要なデータが集計できなくなってしまいます。

間違ってリンクを踏んでしまったら大変なことになる

「参照元/メディア」に見慣れないURLからの流入が確認できたとします。
このサイト何だろう?と思ってURLを検索してそのサイトにアクセスしたら・・・
頼んでもないアプリをインストールさせられたり!
変なウイルスに感染させられたり!!
場合によっては個人情報を抜かれたり!!!
なーんてことが起こり得るのです。

なので、見たことないサイトからの流入が確認されてもそのサイトにアクセスしてはダメ!絶対!!
どうしても確認したい場合は
・URLをYahoo検索で確認する
・URLを「”」で挟んで検索する。例)「”◯◯.com”」
このいずれかでやって下さい。

リファラースパムは、あなたが間違ってリンクを踏むのを待っています。
ご注意を!

リファラースパムの見分け方

そうは言っても、どれがリファラースパムなんだ!?
となるかと思います。
経験則からですが、リファラースパムには以下の特徴があります。
・URLが何か変
・言語が外国語、または(not set)
・直帰している
だいたいこの3つが揃っていれば、スパムだと思います。
なおかつ、スパムは定期的に何回か訪問してきます。
直帰だけしている外国からの流入はだいたい怪しいと思っていいでしょう。

以下に、管理人がこれまで業務上でみかけたスパムを掲載します。
何かのご参考にされて下さい。
ただし、こういうスパムは「スパム側とGoogle側の戦い」が絶え間なく行われています。
そのため、過去のスパムはもう使われず、次々と新しいスパムへと変貌していますのでご注意を。

上述の理由から、これらはあくまで参考程度に考えて下さい。

肝心の対策方法は??

さて、実際の対応方法です。
大まかに分ければ

・ボットのフィルタリングを有効にする
・個別でフィルターを行う

この2種類となります。

2つ目の対策方法については、指定したドメインをGoogle Analyticsで個別に指定してデータを取得しないように除去するやり方となりますが、上述の通り新しいスパムは次から次へと発生しているため対処療法に過ぎずあまりオススメできません。

今回は、設定が簡単な上に8割以上のスパムを除去できる「ボットのフィルタリング」の設定方法についてご紹介します。

Google Analyticsの左側サイドメニューの一番下、管理をクリックします。

「管理」画面で[アカウント] [プロパティ] [ビュー]と並んでいるメニューの中からビューの設定をクリックします。

下の方までスクロールしていくと既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外するという項目がありますので、そちらにチェックを入れます。
最後にその下にある保存ボタンを押せばOK!

1.Google Analyticsの左側サイドメニューの一番下管理(管理画面へ移動)
2.ビューの設定をクリック
3.既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外するにチェック
4.保存を押す

ものの1分足らずであなたのサイトは既知のボット(スパムのことです)からのアクセスを自動で除去されるようになりました!!

まとめ

リファラースパム厄介者なんです。
対策はできるものの、どうしてもすべてを除去できるわけではありません。
したがって一番大事なことは怪しいサイトは訪問しない!
これに尽きます。

とにもかくにも、自分の身は自分で守る!という意識は常に持ち続けてください。
また、万が一のためにも「ウイルス対策ソフト」は必ずインストールしておきましょう。

以上、リファラースパムについてでした!

▼今回の記事と併せて読みたい書籍はこちら▼



ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

New|最新記事

Ranking|人気記事

Category

Tag

ページトップへ戻る