• HOME
  • Analytics
  • ユーザーとセッションって何が違うの??

Analytics | ユーザーとセッションって何が違うの??

POST:2018.07.10

さて、前回はGoogle Analyticsの中でも代表的な指標「セッション」について記述しました。なかなか最初に混乱するのが、ユーザーとセッションとページビュー数の違いかと思います。

今回は、ユーザー数とセッション数の違いについてです。

ユーザー数とセッション数の違い

前回、

ユーザー:訪問者の数
セッション:訪問数

と記載しました。

これだけ読むと何が違うのか分かりづらいですよね。

セッション数は、「サイトに訪問した数」ですが
ユーザー数は、「サイトに訪問した人の数」となります。

前回同様ショッピングモールで例えましょう。

セッションは、特定の期間で「お店に訪れてから帰るまでの一連の流れの数」でしたね!
訪問数は、単純に特定の期間で「お店に訪れた人数」となります。
前回の例を引用しますと、

A・B・Cという3人が7月10日に

Aさん:1回
Bさん:2回
Cさん:3回
それぞれ上述の回数訪問してくれたとします。

セッション数は6でしたが、ユーザー数は・・・
Aさん、Bさん、Cさんの3!ということになりますね!

さあこの関係を理解した上で、次回は「ユーザーあたりのセッション数」にチャレンジです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

New|最新記事

Ranking|人気記事

Category

Tag

ページトップへ戻る