ビジネス | 転石苔むさず

POST:2018.05.31

イギリスの伝説的ロックバンド、The Rolling Stonesの由来でもあります。
自分は最近の若者が聞く音楽よりは、昔のロックの方が好きです。
ブルースの香りがする方がロックですしね!

雇用流動化

かねてより申し上げている通り、自分は雇用流動化推進派です。

新卒一括採用もやめるべきだし、終身雇用もなくせばいいと思います。

みんながどんどん転職できるような世の中になっていけばいいなあというのが密かな野望です。
だって、自分が働きやすい会社を「選べる」ようになる方がいいじゃないですか。

会社としても、「選ばれる」ために頑張るようになれば今より競争力も環境も良くなると思います。
そんな思いもあって、そして生来の短気さもあいまって自分はコロコロとしています。

転石苔むさず。

新しい会社では新人

さて、本題に戻します。

でも、転がり方にもコツがあったりなかったり。
一つ言えるのは、新しい会社では等しく新人になるということです。

どれだけ経験を積んでいようが、役職付きでの入社だろうが、新人です。

転がり続けるということは、苔がむさないこと。
苔がむさないように、常にフレッシュでいなければならないわけですね。
それは、つまり「謙虚であること」でもあります。
自己主張をするなというわけではなく、謙虚さを持つこと。

新しい会社の文化を知ろうとすること。
新しい職場のメンバーと馴染もうとすること。
過去の経験を誇るのではなく教訓として提示すること。
感謝すること。
率先して雑用をこなすこと。

いやはや、これだけできればスーパーマンだ。。。
まあ、目標ですね。

環境に慣れる

転職してすぐの頃は、環境に慣れるのに時間を要します。
どれだけ似たような業種・業界からの転職でも会社によってやり方は様々ですし。
すぐに活きる経験もあれば、新しく学び取らなければならないこともあります。

これが嫌で転職を忌避する人もいるくらいですしね!

また、慣れた頃に失敗するというのもよくある話で。
でもまあミスは人間につきものですからね。
どんな人でもミスはします。
だからと言って、開き直るのではなくもちろん反省して、次に活かすべきですが、まずはミスを減らす努力もやりましょう。

古典的ですが、

・メモを取る
・履歴を残す(上と似ていますがちょっと違います)
・マニュアルは必ず確認してから取り組む
・ダブルチェックする体制を作る
・情報を共有する(特に、スケジュールに関することは必ず共有する方がいいです)
・上司、先輩に早めに相談する

情報共有に関しては、依頼事項、変更事項は都度確認・共有するだけでも違います。
これだけでも意識していれば、少しずつでも順調に仕事が回りだすかと。

転職して最初の頃の緊張感をいつまでも持つのは難しいので、リラックスしたいものですが、気を抜くと変なタイミングでミスが出たりもします。
でも、そこをどう切り抜けるかで力量が見えてくる部分でもあるので頑張ってください!

というわけで、転石苔むさず。

転がり続けて、少しづつ磨かれていく。
そんな石でありたいものです。

石と言えば、隕石とか噴石は怖いですね。
最近鹿児島では桜島さんがしょっちゅう噴火しているようなので、怖い怖い。
自分も短気ですぐ噴火するので、少しは落ち着きたいものです。

この記事のタグ

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

New|最新記事

Ranking|人気記事

Category

Tag

ページトップへ戻る