音楽・将棋 | 何でベースなんて始めちゃったんだろう

POST:2018.07.25

バンドやりたい!!
中2病なら漏れなく一度は患うこの症状。
見事なくらいに引っかかってしまいました笑

でも、最初はギターをやるつもりだったんです。
だってかっこいいじゃん??

アコギじゃなくてエレキ。
ピロピロ弾けたらきっとかっこいいじゃん!?

でも気づいたら手に取っていたのはなぜかベース。。
バンドの「花形」楽器ではなく、なぜか「裏方」のベースを選んでしまった。。。

田村明浩という男

そもそも、バンドをやろうと思ったのは何を隠そうスピッツの影響です。
草野正宗という男に憧れ、バンドをやろう!と思い立った訳です。
何というか、それくらいスピッツは自分の中で大きな存在。
15年以上聞かない日がないのではないか、というくらい聞いています。

同年代のミスチルやGLAY、ラルクなんかと比べるとスピッツって一般的にメンバーの認知度がないような気がします。
どうかしたら草野さんすら知られていないのでは・・・?
と思うことすらあります。

田村明浩。
この名前を聞いてピンとくる方は恐らく少数派でしょう。
でも、れっきとしたスピッツのリーダーでベース担当なのです!

そう、この田村明浩のプレイ映像を見た瞬間、ギタリストへの道をあっさりと捨てベースという難儀な楽器を選んだのです。

何が一番しびれたかというと、本当にこの人楽しそうに演奏するんです!

スピッツ??チェリーだろ??

そう思っている人にこそ、スピッツがいかに凄いロックバンドなのかを知ってもらいたい・・・
「フェイクファー」とか「隼」を聞いてもらいたい・・・
草野さんのメロディーや歌詞に埋もれがちな印象かも知れませんが、リズム隊の完成度の高さは日本のバンドの中でも屈指です。
特にね、ドラムが上手い。こんな上手いドラムで演奏してみたい!ってくらい上手い。

ボトムは支えつつメロディアスな表現をするリズム隊。
いや、ほんとチェリーとか空も飛べるはずとかロビンソンしか知らない人は、一回ちゃんとアルバム聞いてみて欲しい。

そんなスピッツも昨年デビュー30周年を迎えました。
メンバーも50歳を越えてなお精力的!
いやーファン冥利につきる!

結論

これからバンドを始めようと思っている皆さん。
ベースは地味です。目立ちません。
モテたいのなら選択するべき楽器ではありません笑

でも、バンドのアンサンブルの中では必須です。
何より、ドラムとベースが下手だとバンドとして成り立ちません。
「ボトムを支える」というのはそういう矜持の下生きていくわけです。

ベースという楽器の魅力についてはまたその内!

▼今回の記事と併せて読みたい書籍はこちら▼

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

New|最新記事

Ranking|人気記事

Category

Tag

ページトップへ戻る